のんびり、まったり。 ごはんとお酒とお茶とあまいものと音楽と映画と本と…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 竹下咲
 
[スポンサー広告
映画2本。
身体を休めるべく、
映画を観てまったりな一日。


『ザ・ロード』
(神戸では現在公開中)

劇中では詳しく語られることのない災害によって、
世界は破滅へと向かい崩壊していっている。
動物だけじゃなく植物も朽ち果て、
残るは人を狩る人、そして逃げる人々。
それも殆ど果てかけている。

そんな中「南」に希望があると信じ歩き続ける父と子の物語。

主演はロードオブザリングのアラゴルン役でもお馴染、
ヴィゴ・モーテンセン!!!
お父さん役。

この映画はきっと好みが二分されると思う。
と言うか、私が薦めてる映画ってのは割りと重かったり暗かったりするので、
なかなかになかなか観てもらえないのじゃないか!?
この映画もそんな映画です。

まあ、ホンマ暗いし重い。

だが良い。

絶望しかない世界で、
あるかわからない希望を求めて歩き続ける。
荒廃した世界で生き続ける事に意味はあるんか?
私はきっと死に逃げてしまうと思う。
すごくすごく色んなことを考えてしまった。

終わりに向う世界のなか、私も一緒に歩いてた。
久々に時間を忘れて映画の中に溶け込めた作品。

息子役の男の子がめちゃくちゃ可愛くて可愛くて。
すごい吸引力のある瞳と存在感!


あとひとつ。
「マルタのやさしい刺繍」
DVD出てる。

これはねーーー!!!!
もうめっちゃあったかくなれてぽかぽかですよ!!
おばあちゃんたちが頑張る話。

大好きな旦那さまが死んでしまい、
生きる気力も失いかけたおばあちゃん・マルタ。
友人たちはそんなマルタを心配している。
そんななかふとしたきっかけで、
結婚前に下着職人だったマルタが昔夢見ていた、
手作りのランジェリーショップを本当に開店させよう!と思うに至る。
俄然元気になるマルタ。
だがしかし、そこは田舎の村。
偏見と好機の目で見られ、問題が多々…
果たして彼女のランジェリーショップ、そして村の未来は!?

ってなね!

めちゃくちゃ元気と勇気をもらえる!


なんて対照的な2作だ。
でも心に残るって意味では共通だなあ。


ぜひとも。

スポンサーサイト
Posted by 竹下咲
comment:2   trackback:0
[未分類
comment
「マルタのやさしい刺繍」は私も観ました!

おっしゃる通りの素敵なストーリーで、景色や色使いのセンスも良く、BSで放送された時もまた観ちゃいました。

「ザ・ロード」もまた機会があれば観たいと思います。

滋賀は、そうした隠れた名作的な映画を上映する映画館(マルタ~はそこで知ったんですが…)が3月で閉鎖しちゃったんで、また色々情報いただけると嬉しいです☆
2010/07/31 12:44 | | edit posted by エース☆
エースさん☆
コメントありがとうございます♪

おっ!!!!
マルタご覧になってたんですね。
何だか嬉しいなあ。
疲れた時にでも、幸せな時にでも、何度も見たくなる映画ですね。
いつまでも夢を持ち続けなければ。
そして実現に向けて歩かなければ。

あらら・・・
ミニシアター系の劇場は厳しい世の中ですもんね。。
でもシネコンだけでは良い映画が埋もれちゃうよ!
メジャーな大作も大好きですが、
色んなものみたいですよね。

小さな作品が上映されることなくお蔵入りになったり、
有名な配給会社すらどんどん潰れてるそうです。。
日の目を見ずに消えていく作品がどれだけあるのかなあ。
そして良い作品を作る環境が閉ざされて行ってる・・・

切ない。
悔しい。

是非オススメお伝えさせてください

長文過ぎてごめんなさい。。
2010/07/31 23:27 | | edit posted by 咲
comment posting














 

trackback URL
http://cocoon0519.blog121.fc2.com/tb.php/196-1da1d8bc
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。