のんびり、まったり。 ごはんとお酒とお茶とあまいものと音楽と映画と本と…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 竹下咲
 
[スポンサー広告
豪遊。
目が覚めたので昨夜書けなかった日記。

昨日は親友ちなみと豪遊した。
ちなみはうちのとても近所に住んでいる元後輩であります。

まずは映画!
私らは昔っからミニシアター系の映画がすきで、
昔はよく二人で行ってた。
一時休みが合わなくなり一人で見ることが多くなってたんだけど、
最近また一緒に行くようになった。
彼女とは人には薦めにくいけど気になるっていう変な映画を見れるのでとても楽。
面白くなくてもまぁ笑い話。

今回は『シングルマン』って言う映画を見た。
結論からいうと、、、もーーーすっごく良かったし、泣いた。
監督はあのトム・フォード。
グッチやサンローランの元デザイナーで、
ハイブランドに疎い私ですら知ってる名前だった。
そんな彼が作った映画は、予告編なぞは凄いと思ったけど、
絶対オシャレなだけの雰囲気映画だろ~。とか思ってた。
彼はゲイで長年連れ添ってるパートナーがおり、
今回の映画には違う人の書いた小説での原作があるんだけど(実は今調べて知った)、
彼自身に色々被せているんだろうというお話。

1960年代のロサンゼルス。
主人公のジョージは50代の大学教授であり、ゲイ。
16年連れ添ったパートナーを失った悲しみに打ちひしがれた8ヶ月間。
人生を終わらせようと思い立った彼の、あるたった一日の物語。



コリン・ファース最高。
コリン・ファースってこんな凄い人だったんだ。

映像の美しさは勿論、服だって家だって家具だって小物だって全て洗練されてる。
だけど見た目映画じゃ全然なかった。
全ては奥深くに潜む悲しみや喪失感、あたたかさ。

二人で感動に浸りながら、
遅めのお昼ご飯行って、そのあとブックオフで漫画見たり、長年お世話になってる服屋さんに行ったり。

夕方。
「ウィスキー飲みたい」と言うちなみ、そして私も好き。
でもちょっと早い時間。
これは彼女に聞くっきゃないでしょうとのことで、
元々こっちで仲良くなって今は岡山でお店やってる(Deco's Kitchenという)我が姉的存在の凸姉様へ電話。
「何で岡山にかけるんよー」と爆笑されたけど、
私の知り合いで一番三宮の飲むとこ知ってるんやもん。
で、教えていただいたバーへ。
軽く数杯飲むつもりが、はじめに頂いたスコッチのロックが美味しすぎてスイッチオン。
次々進む進む。
途中で何故か一人増やしてみたりわいわい飲んでたらお会計が、、、あああ。ゴメン。
でもそれ以上の楽しみを味わったのでした。
凄くうるさかったと思うのでごめんなさい、マスター。

でもちなみとガッツリ飲むなんていつ振り?って凄く嬉しかったのでした。

二日酔いもなく、良いお酒。

良い一日だったなあ。

長くなりました。
読んでくれてありがとう!
スポンサーサイト
Posted by 竹下咲
comment:2   trackback:0
[たべもののみもの
comment
ワイワイ な1日^^
いいね~こんな風に2人が久々の語らいに花を咲かす..女子ならではの素敵なお付き合い そして心許せる大切な人(*^o^*)
私達も そんな親子会+姫も集まろう会(笑)

ショッチュウ やってます^^

咲智ちゃんは いつでも参加できますよ☆
2010/10/24 09:02 | | edit posted by ゆき&母
ゆきさま&おかあさま☆
ほんとうるさかったと思うのです。笑

でも黙ってたとしても許される関係だから楽チン。

お母さまは姫たちとも会合を開くのですね!!
いいなあそういうの。
素敵な関係ですよね♪♪

元気出る!
2010/10/24 23:17 | | edit posted by 咲
comment posting














 

trackback URL
http://cocoon0519.blog121.fc2.com/tb.php/299-aefac700
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。