のんびり、まったり。 ごはんとお酒とお茶とあまいものと音楽と映画と本と…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 竹下咲
 
[スポンサー広告
続、直島!
昨夜の宿、
夕、朝二食付きのとこにしました。
直島は素泊まり3000円(相部屋)とかも多いのだけど、
今回はちゃんと部屋も別れた、
ご飯もついてるところにしたよ。
全然肩肘の張らない、
でもしみじみ美味しいお母ちゃんのご飯でした。
ねこがいて!!
しかもこねこ!!!
野良なんだけど激可愛い!!!
次もまた泊まりたいなぁ。
旅館志おや、二食付き6500円。

さてさて、
昨夜は十六夜でした。
うちらの曲のタイトルでもある十六夜、
何だか見入ってしまった。





月の光 影を落とす
照らす水

夜の赤カボチャの中。


そして今朝です。
直島2日目!!!

昨日は100円バスと歩きだったんだけど、
バスから見えるチャリンコ乗ってる人たちがたのしそうだったから、
レンタサイクルしたーい!!ってことで、借りてみました。
私はマウンテンバイク!!
マウンテンバイク初乗り~!
変速ってなんて楽なんだ。

直島は小さいからすぐ回れるんだけど、
そんな小さな中でアップダウンが…
運動神経にぶすぎなので、
きつい上り坂は押して上がったり。。。
いい運動だわ。

でもでもホントに気持ち良くて最高やった。
風が心地よくてたまらない。





何故か海からだいぶ上がったところの道端にカニがいた。



今日はまずベネッセハウスへ。
初ベネッセミュージアムだったけど、
ここのは…正直わからないものがたくさん…。
これをどんなふうに評価したらええんや!?ってのもあったので、
私は凡人だな~と思った(笑)
まぁ、わからなければわからないでいいよね。
何となくこんなこと??
こういうこと?!
って考えてみたり、
でも、わかんないよねー(笑)ってワイワイ。

ベネッセは外にもいろいろあった。
海自体は凄い透明で綺麗!とかじゃないけど、
なんややっぱり景色ええよなぁ。







ウォルター・デ・マリアすき。
なんだが、
外にあるのは何だかガラス越しで見にくかった。


地中美術館のデ・マリアのタイム/タイムレス/ノータイムは、
ベルセルクの世界で、ゴッドハンドが降臨してる感じ。
さすがに美術館のなかのは撮影禁止だから載せれないけど、
あれはホントに見て欲しいなぁ。人の少ない時にね。
私は一時間くらい居たくなるねんよなぁ。

お昼ご飯は家プロジェクトのちかくのカフェで。
うまうま!


家プロジェクトは二回目だった。
前回改装中やった石橋もちゃんとみれた。

やっぱりタレルの南寺がホントにすごい。
完全な暗闇と思いきや…の衝撃。
二回目でもよかった!!!

タレルは昨日行った地中美術館にも、
オープンスカイ、オープンフィールドがあるけど、
それらもはじめて来た時は余りに衝撃で震えてしまって。
タレルの五感で感じる作品がホントにすき。

因みに家プロジェクトは、
こんな普通の住宅地の中で、
その中に民家を改装したりしてある。


シュール。


護王神社は森の中。


そこから見える海。


しかしホントに暑くてね。
影もこんなにくっきりしてた。


めちゃんこ焼けた…



とにかくホントに二日間たくさん味わいました。

今は高松から神戸に帰るジャンボフェリー!!!!
ゆらゆら。

積み込みに時間がかかったようで遅れて出港したんだけど、
果たして終電に間に合うのかなー。。。

そうだ。
アイラブ湯で記念にタオル買ってきた。

そら祭りに持っていこーっと。


あー!!!!!!
たくさん触れた。

わかるもの、
わからないもの、
なんか面白いもの、
意味不明なもの、
かっこいいもの、
すごいもの、
ダサいもの、

小学校もあるし、
子供もお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんたちが住む普通の島。
そこにふとして現れる不思議な空間。

混在した感じがすごくすき。

またいくよ。
一人でも行ってみたい。


楽しかった。
スポンサーサイト
Posted by 竹下咲
comment:0   trackback:0
[
comment
comment posting














 

trackback URL
http://cocoon0519.blog121.fc2.com/tb.php/609-291ce2c7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。