のんびり、まったり。 ごはんとお酒とお茶とあまいものと音楽と映画と本と…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 竹下咲
 
[スポンサー広告
神戸のひかり


夜になると六甲山にこんなマークがうつるのを知ってる?

三宮から撮ったブレブレですけれど。。


山の上のほうのレストランで働いたり、
空港のほうにも働きに行ったりして、
山からも海からも神戸をずっと眺めていた。

朝の顔も、
昼の顔も、
夕方の顔も、
夜の顔も、
たくさんの季節も。

30年間神戸にいるけれど、
私はずっとここにいるのかなあ?
どうなんでしょうか。

出たい気もする。
でも、
神戸がすごく好き。

今は実家にいて、
実家はわりと閑静な住宅地。
でもコンビニは徒歩で最短15分。
最寄の駅から自宅まで徒歩20分強。

数年前まで、
仕事から帰れないしで三宮に住んでいたことがあった。
それもフラワーロード沿いっていうすごい便利なところで。
コンビニは目の前、飲み屋も美味しいごはんやさんもすぐそば。
もちろん駅もすぐ!!!
しかも三宮でも、新神戸でも!
あー、便利だったなあ。
高かったけど。

神戸といえば!な異人館で有名な北野でも働いてたよ。

因みに一番すきなのは、
王子公園、六甲界隈。
大好きなお店があるからね。

う~ん、
神戸っ子だなあ。


そんな思い出ばっかりの神戸だから、
ちょっと離れたほうがもっとよく見えるのかも。
いいところも、わるいところも。

たまにそんな風に考えるけれど、
それは時の風に任せましょう。


神戸に大きな地震があったとき、
私は中学一年生だった。
あっという間に時は流れる。

日に日に時の流れは速くなる。


東北には、いま、帰れない場所がある。
「いつか絶対帰れるよ」なんて軽々しく言えないことば。

台風でも、住む家が流されたり埋まってしまったところもある。

いつまでもある、なんて、
「当たり前」のことは儚いものなんだって知る。

だから、
この大切な街のこと、
変わっていく色んなこと、
私はずっと覚えておきたい。

嬉しいこと、泣いたこと、
全部ここにあるから。

記憶とはいつの間にか薄れていくものだとしても。
スポンサーサイト
Posted by 竹下咲
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://cocoon0519.blog121.fc2.com/tb.php/613-4effa711
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。