のんびり、まったり。 ごはんとお酒とお茶とあまいものと音楽と映画と本と…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 竹下咲
 
[スポンサー広告
『ゲットラウド』『世界侵略ロサンゼルス決戦』
映画ふたつ。

『ゲットラウド』

レッドツェッペリンのジミーペイジ、
U2のジ・エッジ、
ホワイトストライプスのジャックホワイト。

この三世代のギタリストの、
秘蔵映像やインタビュー、三人のトーク、セッションから成る最高のドキュメンタリー!!!!!

この三人、
もちろん知っているけど深くは知らなくて、
すごい人たちだなーというくらいの認識でした。

いやはや、素晴らしい。
一瞬たりとも飽く事なく、
というよりアドレナリンが噴出してたまらんくらい最高だった。
朝起きても興奮が止んでなかった。

かっこええええええー!!!

ジミーペイジ、
男前すぎてもう(笑)
家でエアギターしてるときのあの笑顔が鼻血だったわー。
↑そこ!?

なんというかね、
ほんとにほんとにみんなキラキラやねん。
各々の道を探求して、
終わりのなき旅を続けている。

今なお!!

収録スタジオで三人でいるとき、
ジミーペイジがホールロッタラブを弾き出して、
そのときの二人の感動した子供のような眼!!!!

エッジのコードの捉え方が特殊で、
ジミーペイジが困惑しながら『ほんとにCか?!』って言ってたり、
ジャックホワイトはエフェクター嫌いって言ってて、
エッジは物凄い機材に囲まれてコンマ単位のエフェクトの調整をしていて、
大丈夫かこの二人って思ったけど、
お互いに尊敬してる感じがあって。

三人のセッションは鳥肌だった。

ワクワクして絶叫したくなりました。

三人のこともっと知ってからまた見たいなぁ。
そんなに知らないなら楽しかったんじゃなく、
三人が大好きな方たちも絶対満足してるとおもうけど、
見た方いますか???

撮り方は、
グータン+情熱大陸を数百倍のエネルギーにした感じやった。

これから何回も何度でも見ようって思う。

成功した人たちの、
それでも追い続ける姿。



『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

SF好きな私。

去年くらいに海外版の予告が出て、
その時のティーザー予告がすごい良くて。
静かに怖くてドキドキして、
それからずっと楽しみにしてた。

でも国内の本予告がイマイチで、
ちょっと不安になったり。

震災で延期になり、
また公開が決まってやっと見にいけた。

予告が全てやったなー。。。
見所全部出てた。

面白くなかったわけじゃないんだが、
ハートロッカーとブラックホークダウンを足して割ったかんじの
ハリウッド!!!な戦争映画。
そしてなんとなく海兵隊への入隊希望を募る映画みたいな。

ちなみにティーザー予告は前衛的なホラーSFっぽい感じやった。。

肝心の宇宙人は、
はじめは無双やったのにな。
映画自体もはじめは良かった。

たぶん期待が高すぎたんだと思う。

コーラがとても合う映画やったし、
結構ビビるシーンもあったし、
全然面白くなかったわけじゃないのに、
なんだろう。

ほんと、
期待が煮詰まってた。

あー。

消化不良。
スポンサーサイト
Posted by 竹下咲
comment:0   trackback:0
[えいが
comment
comment posting














 

trackback URL
http://cocoon0519.blog121.fc2.com/tb.php/622-10ef505d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。