のんびり、まったり。 ごはんとお酒とお茶とあまいものと音楽と映画と本と…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 竹下咲
 
[スポンサー広告
アイガー北壁
アイガー北壁
という映画をご存知ですか?

おかーはんと今日見に行ってきました。

ベルリン五輪開幕直前の1936年夏、
ナチス政権は国威発揚のためドイツ人による前人未到の難所アイガー北壁(アルプス。スイスにある)初登頂を強く望んでいた。
ドイツの若き登山家トニーとアンディ、そしてオーストリアの2名が大いなる期待を背負って北壁に挑む。
彼らは順調に登っていくが、落石によるメンバーの負傷や悪天候に見舞われ……。

またドイツかよ!
しかもまたナチス政権下かよ、と思いますが、
変な思想は持ち合わせておりません。

この話は実話に基づいており、
トニーもアンディーも実在の人物です。
アルプス登攀史上最大の悲劇と言われているお話。

自然界の恐ろしさ、人のもろさ。
全身が緊張して、
隣のおばさんは途中から思いっきり身を乗り出してみていたくらい、
ものすごい映画でした。
迫力は凄いのに、しかしこれまた過剰な演出は全く無い。
しかし淡々としているわけでもなく映画としてもめちゃくちゃ見ごたえがあった。

なんというか、
観ろ
というw



ここから大いにネタバレ?です。




最大の悲劇といわれている以上、
人が死なないという話ではない。

雪崩によりまず3名が死に、
ザイルも無く動けなくなった、ひとり生き残ったトニーは救助隊を待つ。
会話も出来る距離、見えているのに。
自然は容赦もなく立ちふさがる。

そして一晩あけたあと。
ザイルが手元に届き、救助隊の元へ下るトニー。
あと数メートルで救助隊が居たのに。
あと少しだったのに。
救助隊の目の前で宙吊りのままトニーは死んだ。

まだ死にたくないんだと。
沈着冷静だった彼が叫んだ。


トニーたちの死後数年後に初登攀となったけれど、
北壁は生存確率50パーセントの難所らしい。
今は知らないけれど、、初登攀から30年ほどは半分は死んでいると。
そこに挑む人々は一体どういう思いなんだろう。
死にに行くために登るんじゃないよね?
私たちにはわからない何かを求めて、賭けて。

どれだけ人を飲み込んだアイガー北壁も優雅に雄大に聳え立ち、
人を狂わせるほどの魅力を放っているんでしょう。

漫画「岳」もおすすめです。

ちなみに私は登山はしません出来ません。
だけどトレッキングくらいなら大好き。
トレッキングというかハイキングというかw

スポンサーサイト
Posted by 竹下咲
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://cocoon0519.blog121.fc2.com/tb.php/89-8794141d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。